オークションで1923年試作のライカが約20億円落札。

6月11日にドイツ・ウェッツラーで行われた第40回「ライツ・フォトグラフィカ・オークション」で「Leica 0-Series no.105 Oscar Barnack」が、1,440万ユーロ(手数料込み)で落札されました。カメラ部門では世界最高額20億円という結果で、Leicaだなぁという印象です。

写真などは掲載しませんが、Leicaというのはドイツのカメラメーカーで昨今話題沸騰となっているカメラで、神無月餅も使ってきたLeicaM3もその一つでした。現在はLeicaのズミクロンしか保有していませんが、やはりカメラ好きには一度は触って頂きたいカメラの一つです。

ただ価格帯がとても高く、Nikonでも4000万円が最高額だったと僕は記憶しています。そう考えるとLeicaのカメラはコレクション性が高いので投機目的で購入される方も多くいます。本音言ってしまえば「天国にも地獄にも持って行けないものを死ぬまで保有しておく意味ってあるんやろうか」っていうのが今の悩みだったりします。もしかすると今を楽しく生きることが人生を楽しむ方法なのかもしれないなぁとか考えています。

Leicaを触ったからこそ、分かったことでもあります。価値観に触れていることは大事ですね。視野が広がります。フィルムカメラで一番ピントが合わせやすいというわけではありませんが、比較的(まぁだいたいなので違いはありますが)に1970年代までのカメラの中で、ピントが一番合わせやすいカメラだったのが実際LeicaM3であった気がします。あとはLeicaのレンズを使うなら現行のLeicaデジタルも互換性があって使いやすいと思います。

その反面、ミラーレスカメラの相性は微妙な気がします。実際GFXで使ってみてピントが合わせづらいなぁって思っていたんですが、2022年6月18日にフィルターがピッチがずれて外れないことが発覚しました。その際に指標がずれるということもあって、もしかすると原因はこれなのでは?と思っていますので、現在修理してからまた試してみたいと思います(修理に出しています)。

あと価格がたけぇのが問題です。欲しいレンズがなかなか出てこないし高い。難しいですね。さぁLeica…!!

人気ブログランキングに参加しています。お時間がありましたら、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回応援クリックお願い致します。
応援クリック(アクセス)をよろしくお願いします!今後ともよろしくお願いいたします。

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

神無月 餅写真作家

投稿者プロフィール

長崎県佐世保市出身大阪府堺市在住の写真作家。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Google検索

ピックアップ記事

  1. 2021-5-30

    フラグシップ機「NikonD5」を持っていたので思い出してみた。

    NikonD5について その企業の技術を詰め込んだものをフラグシップ機で、メーカーを代表する存…
  2. 2021-6-30

    視点を変えて撮影してみること、一歩近づいてみること。

    僕がうつ病になってから出かける機会が多くなった。社会人になってから週休二日制の仕事ばかりで、大半を働…
  3. 2021-8-25

    メディアが取り上げやすい「どうして撮り鉄の問題は目立つのか」

    前回の記事では飛行機を撮るスポッターと比べてみて所得層や年齢層、教養が原因ではないかという話をした。…
  4. 2021-7-6

    週刊グリコタイムスリップ 二眼レフミニフィギュア「Rollei ローライフレックス 3.5F (プラナー)」を購入してみた。

    週刊グリコタイムスリップ 二眼レフミニフィギュア「Rollei ローライフレックス 3.5Fについて…
  5. 2021-7-2

    夏の水分補給は「大塚製薬 ion water(イオンウォーター)」がオススメ[熱中症対策]

    かめてくの神無月餅です。じめじめしてきましたね。もう梅雨。エアコンを入れています。夏場よりも嫌い…
人気ブログランキングに参加しており、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回クリックお願い致します。
クリックをよろしくお願いします!

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る