フィルムカメラで撮るときは露出オーバーで撮るようにしよう。

写真作家の神無月餅です。フィルムカメラが続々と売れていますがフィルムの良さは分かってきましたかね?

まだまだ慣れていない方も多くいますし、フィルム世代な方には、これぐらい当たり前!ということも若い子には新しい発見やレトロで可愛いというものもあるそうです。

僕の場合はカメラが楽しくて入っていった側なので、可愛いものというのは良く分かりません。

撮ってるものは全てモノクロで今ではデジタルカメラを使っていますが、この記事を読まれている方は「どうして露出オーバー? 露出とは?」とは疑問に思っている方が多いはず。では説明していこうと思います。

露出とは

露出とはシャッターボタンを押してから、カメラ内部に光が入る時間のことを言います。その間にフィルムと光が化学反応を起こすことで色や像を残して記録することです。

ISO(ASA)、シャッタースピード、F値を各種設定することで光が入る量を調節して、露出時間を変更します。

露出オーバーとは?

露出オーバーというのは光の量を多めに入れることです。ISOの数値を高く設定する(ISO100から200にするとか)、シャッタースピードを遅くする(1/500から1/250にするとか)、F値を明るくする(F2.8からF2にするとか)です。

少し多めに光を入れておくと良いでしょう。真っ白すぎては意味がないので、明らかな設定ミスに注意しましょう。

どうして露出オーバーにするのか

露出オーバーにすることで化学反応が起きた状態を作っておきます。ミスした場合でもパソコンソフトなどを使うことでオーバーから露出を調整して下げてあげたら像や色が残っています。

全部真っ白だと無理かもしれませんが、多少のオーバーなら問題ありません

逆に露出アンダーと呼ばれる状態であると、色や像は化学反応が起きていません。黒をどれだけ明るくしても黒にしかならないのです。オーバーの場合、白になっているんですが、像や色が浮き上がってくることがあります。一つのテクニックとしてあります。

どういうときに使うかというと、ISO100でも明るすぎる晴天の日中などです。少しオーバー気味になっても写っていれば何とかなる場合があります。少しだけ覚えておくと役に立つかもしれません。

露出計を買うか、スマホの露出アプリなどがありますので、是非適正露出で撮るようにしましょう…!!

 

にほんブログ村のランキングや人気ブログランキングに参加しており、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回クリックお願い致します。
2つの応援クリックをよろしくお願いします!
■にほんブログ村
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

神無月 餅写真作家

投稿者プロフィール

長崎県佐世保市出身大阪府堺市在住の写真作家。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    【フィルム作例】lomography B&W POTSDAM100

    POTSDAM100について Lomography B&W POTSDAM100はドイツの…
  2. 2021-9-22

    【フィルム作例】Rollei RPX ISO25【ローライの期限切れカラーフィルムを現像してみた。】

    Rollei RPX ISO25について 特殊現像のため、キタムラでは1628円(2021年現在)…
  3. 2021-7-23

    柔らかい毛先で小さいゴミが取れていく「ライカ ボディ クリーニング ブラシ」

    熊野筆事業協同組合が認定した素材を使用したLeicaのボディ専用のクリーニングブラシは、毛先が柔らか…
  4. 2021-6-7

    【フィルム作例】FUJIFILM フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

    FUJIFILM フジカラー SUPERIA PREMIUM 400 富士フイルムのスペリア・プレ…
  5. 2021-5-28

    液晶モニターがない「LeicaM10-D」はフィルムカメラらしさを残すのか。

    LeicaM10-D について LeicaM10-Dには液晶モニターが付いてない。デジタルカメ…
にほんブログ村のランキングや人気ブログランキングに参加しており、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回クリックお願い致します。
2つの応援クリックをよろしくお願いします!
■にほんブログ村
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る