写真を撮り続ける意味とは何か。

写真を撮り続ける意味とは何か。かめてくの代表というのは写真の良さや楽しさを伝えること意味があって、何気にその土台となるのが「教養」部分だったりします。実は教養というのは、親、本人の所得に比例することがあって、写真、陶芸、絵画など多くの芸術文化というのは、教養への入り口なのです。

趣味を持つというのは、持つことで多くの人に出会い、人生とは何たるか学べるものなのです。酒を飲むことが趣味で家で飲んでいるとしても、職場でお酒の話をすると楽しかったりします。人間関係が良くなれば、そこに笑顔や感謝という教養の基礎となる部分に触れることが出来るのです。

写真を趣味に持つこともまた、教養の入り口で僕は撮り続けることで教養や人との出会いに感謝できた人なのです。だからこそ、他の趣味を否定するのではなくて僕は写真を通じて、多くの方に今よりももっと成長し、余裕がある人間になって頂きたいのです。

写真を撮り続ける意味とは何か、という本題なのですが、簡単に言ってしまえば記憶より記録。記憶のための記録として写真は存在すると僕は思います。記録媒体が色々ある中で一つの手法として、記憶を開く鍵として存在します。僕の場合、仕事の時もメモを取るのではなくて、写真を撮るようにしています。パソコンの中に入った仕事で使うシステム操作を写真で撮って、何がどこにあるかをド忘れしてもみれば分かるようにしています。メモ帳で書いたとしても文章で書く必要があります。

それよりも視覚的に残した方が、どこにどのボタンがあるのか、どういう操作をするのかが残しやすいです。動画あれば先輩に操作してもらう必要があって、リアルタイムで時間を取ることになって手間が増えます。私生活においても何かしなければいけないことがあればスマホで写真を撮る。美しいものがあったら、その場で撮って覚えおくことができるのです。

生活を便利できて、美しいものを残すことができるのは写真なので、続けています。動画でもいいんでしょうけど、声や見た目が嫌な人がいたり、何か問題があった場合全てを消すことになります。消せますが手間がありますよね。

人気ブログランキングに参加しています。お時間がありましたら、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回応援クリックお願い致します。
応援クリック(アクセス)をよろしくお願いします!今後ともよろしくお願いいたします。

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

神無月 餅写真作家

投稿者プロフィール

長崎県佐世保市出身大阪府堺市在住の写真作家。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Google検索

ピックアップ記事

  1. 2022-7-21

    安くて美味しい手軽に食える「クリームたっぷり!濃厚カスタードシュー」

    クリームたっぷり!濃厚カスタードシュー 栄養 熱量:252カロリー、タンパク質:4.9g、脂…
  2. 2021-7-30

    【フィルム作例】富士フイルム NEOPAN ネオパン100 ACROS II(アクロス2)【モノクロを世界最高水準で階調再現を楽しめる】

    ネオパン100 ACROS II について 2019年11月22日に富士フイルムが発売したモノクロ…
  3. 2021-5-27

    【フィルム作例】YAMA 宇宙の片隅ISO400

    YAMA 宇宙の片隅ISO400について TwitterやInstagramでも話題になっている不…
  4. 2022-10-18

    なんとなく行きづらい奈良の法隆寺に行ってきた(有料じゃないところでも楽しめる)

    JR王寺駅から一駅、バスで目の前まで行けてしまうのが、奈良の法隆寺なんだけど。歴史の教科書や美術の教…
  5. 2021-12-28

    カメラのキタムラ 大阪なんばシティ限定 トートバッグを頂いた。

    カメラのキタムラ 大阪なんばシティ店で手に入るトートバッグを頂いた。写真柄のキタムラらしいデザインと…
人気ブログランキングに参加しており、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回クリックお願い致します。
クリックをよろしくお願いします!

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る