フラグシップ機「NikonD5」を持っていたので思い出してみた。

NikonD5について

その企業の技術を詰め込んだものをフラグシップ機で、メーカーを代表する存在です。

  • 最大ISO328万(最低ISO50相当もあります)。
  • 153点もあるのでAF反応速度が早い。
  • 連写が12コマ/秒、ミラーアップで14コマ/秒。

問題点

性能を詰め込みすぎて重たい、大きい。ガラス製の灰皿みたい。

付属品などが高いものやCFカードなどはまだ手に入りやすいですが、XQDカードに関しては新品で買うことになりそう。バッテリーも高いし、中古品の出回りも怪しい。全ての機能を使いこなすのは難しい。プロが使うにも、ここまでの性能は要らなかったりして、最新のフルサイズ機のほうが十分な性能があったりする。

NikonD5を触って見て分かったこと。

僕が買ったのはNikonユーザーだったこともあり、大は小を兼ねるという諺があったからです。性能さえあれば機材の特性や僕自身の知識や技術を挙げていけば済むだけの話になるかなって思ったんですが、重たいのがネックでした。そこまで技術を上げたいとか、知識を増やすほどの興味も薄れてきていて、Nikonである理由、フラグシップ機である必要は無くなりました。

実際、最新デジタルカメラから離れてから、多くの方から写真に関する歴史や知識、技術、感性を学ぶ機会が増えたんです。Leicaのカメラを買ったからかもしれませんが、Leicaの強みかもしれません。歴史の長さは技術の高さや人の多さに比例しますから、僕は現代よりのカメラ好きではなかったというのが答えとしています。

フラグシップ機だからデメリットを挙げていますが、お客様に最高品質の写真や動画を撮るのであれば最高の機材を用意するべきです。そうなるとフラグシップ機であるNikonD6などになるんでしょうけど、検討するべきかと思います。ただ趣味でお金もないのに買うものではありません。ここだけでは注意しておく必要がありますので、まずは貯金から始めましょう。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。お時間がありましたら、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回応援クリックお願い致します。
応援クリック(アクセス)をよろしくお願いします!今後ともよろしくお願いいたします。

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

神無月 餅写真作家

投稿者プロフィール

長崎県佐世保市出身大阪府堺市在住の写真作家。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Google検索

ピックアップ記事

  1. 2022-5-2

    Leicaに出会ってダメだったところと良かったところ

    最近Leicaに手を出して、後悔することがある。もちろん誰かを恨む、妬むということではなくて、自分自…
  2. 2021-6-25

    撮影しながら帰る事

    ど~もダンテです、撮影しながら帰る事。 大人だって遊びながら帰ってもいいじ…
  3. 2021-8-22

    ライカMのレンズがライカ・パナソニック・シグマで使える「銘匠光学 TTArtisan M-L [電子マウントアダプター]」

    銘匠光学 TTArtisan M-L [電子マウントアダプター レンズ側:ライカM ボディ側:Lバヨ…
  4. 2021-7-7

    【フィルム作例】FOTOS FILM 400 35MM COLOR PRINT FILM

    FOTOS FILM 400 35MM COLOR PRINT FILM について C-41で現像…
  5. 2021-11-6

    九州新幹線を僕が嫌がっている理由

    長崎県佐世保市出身の神無月餅です。今回の記事では九州新幹線という問題を取り上げてみた。 下記に図を…
人気ブログランキングに参加しており、ぽちっとして頂けると励みになります。1日1回クリックお願い致します。
クリックをよろしくお願いします!

■人気ブログランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る